水素水が悪玉活性酸素を除去!



今、話題になっている水素水ですが・・・・・


スティック状タイプの物やアルミパウチのパッケージの物など
様々な物がありますが、水素水は「薬」ではありません。

ですので、
毎日一定量を継続して長期間摂取しないと効果は期待できません。

となると、
やはり、長期間飲む。ことやご家族で飲む。(量)ことを考慮すると

金額的にみて一番お得なのは、
水素水のサーバーということになりますね。


また、水素水でも水素濃度が高い、低いなどありますが、

水にいくら水素が溶け込んでいて「水素濃度が高い」といっても、
それを活性化する「触媒」とか「酵素」がないと
充分な抗酸化還元力は生まれてきません。


抗酸化の化学的な真の作用は、
水素ではなくてマイナス電荷(電子)のやりとりです。
水素は単にその保有者(提供者)に過ぎません。

分子状水素の水素同士を引き離して
電子を供給できる形に変えれるものがないと
単に水素を供給しただけではなかなか生化学反応は進みません。


ちなみに、
水に溶け込む水素量というのは常圧では1.6ppmという限界があります。

水素水で充分な抗酸化効果を受けようとするなら、
相当な量を飲まないとダメで、例え水素が高濃度であったとしても、
水に溶けた水素のうちのどのくらいが抗酸化に役立てるのか?

も明確にはなっていないので効果を期待するには、
大量に飲むしかないのです。

決して水素水はコップ2〜3杯程度を毎日飲んでいれば、
身体に良い水である。という訳ではありません。


水素水は、
1日約1リットル程度をこまめに飲むことが理想といわれています。

パウチタイプやボトルの水素水は持ち運びには便利ですが、
封を開けた瞬間から水素が徐々に抜けていきます。

また、1日1リットルを長期的に飲用することを考えると
コストもかなりかかりますよね。

と言ったことを考えると。
維持費の削減しながら水素水を飲み続けるには
やはり水素水サーバーが最適ではないでしょうか。


また、一時的には安くて、手軽である。
と言うことで人気の水素を発生させるスティック状の物がありますが、
成分として、「金属マグネシウム」が入っているはずです。

入っていなければおかしいのです。

でないと、水素が発生しませんから・・・。

しかし、このような「金属マグネシウム」を食品添加物として
使用・販売することは法律上は禁じられているのです。

ですから、それを
きちんと明記されていないものもあるでしょう。

それも違反ですよね。


これらのことを総合的に判断すると
水素水サーバーが一番良いかもしれません。


水素水サーバーと言っても、

◆水道直結型水素水サーバー

◆電気分解式水素水サーバー

など、色々なタイプのもがあります。

皆様それぞれのライフスタイルや好みで選べば良いと思います。


ちなみに、評判なのは

◆水道直結型水素水サーバーではこちら

◆電気分解式水素水サーバーではこちら

です。


ただ、一時的にはそれなりのお値段がしますので

ちょっと試してみたい。と言う方は


■アルミパウチパックの物、こちら


で、体験してみるのが良いかもしれませんね。