白金(プラチナ)ナノコロイドとは?

白金ナノコロイド(プラチナ・ナノコロイド)とは、 プラチナを2ナノメートル(ナノ=10億分の1)という極小の粒径にした素材で、 東京大学大学院の宮本有正教授らの研究によって開発されました。 そして現在、白金ナノコロイドの製法特許は2003年1月に設立された シーテックに技術移転されています。 この白金ナノコロイドという素材が、 化粧品や食品の業界で今、注目を集めているのです。

白金(プラチナ)ナノコロイドとは?一覧

白金(プラチナ)は健康に良い?
白金ナノコロイドとは、金属である白金(プラチナ)を 2ナノ(10億分の2m)サイズに微小化したもの。 さらにこれを水に均一に分散させるために、 保護剤の役割をするポリマーでコーティングをし、 溶液にしたものです。
白金ナノコロイドがなぜ今、注目を?
白金ナノコロイドが今、注目を集めているのは、その抗酸化作用にあるのですが、 なんと、人体の老化の大きな原因といわれる 活性酸素やその全ての活性酸素を除去する効果があるのです。